何かとかさむ出費を抑える

何かとかさむ出費を抑える
機材の調達にもくふうを

なるべく安く良いものを。いろいろな方法を試してみましょう


機材の他にも、商品の仕入れやレンタルサーバーの利用料など、ショップの運営には何かと出費がかさみます。機材の導入は、「本当に必要か」「費用に見合う効果が得られるか」「どの程度の機能が必要か」を充分に検討してから決定しましょう。

たとえば、パソコンやデジタルカメラはそれほど高い性能のものでなくても、プライベートで使用しているもの、もしくは同程度の機能のもので充分です。もし、ネットショップ専用に機材を増やすのであればネットオークションなどで中古品を探してみましょう。

また、ショップ運営には機材の他に、梱包材や包装紙などの資材が必要です。これらは、通常の市販品ではなく業務用の商品が購入できる店舗や、100円ショップなどを有効活用することでかなり安く抑えることができます。上手に節約できるところは節約して、無駄のない運営を心がけましょう。



在庫を置く場所がない!
そんな場合は売り方を変える?

在庫の管理は場所的にも経営的にも難しい問題


機材や資材をそろえ、商品の在庫管理までやろうとすると、それなりにスペースが必要です。

「機材も資材もそろえて環境は整った」と思ったら、商品を置く場所がなくなっていた……では目も当てられません。在庫を置くスペースを考えて、機材のサイズや資材の量を決定しましょう。

スペースの関係上、在庫の保管までは難しそうであれば、「ドロップシッピング」という方法もあります。ドロップシッピングとは、メーカーと販売委託契約を結び、ショップでは販売のみを行なう方法です。商品はメーカーから直接ユーザーへと発送されるので、在庫保管の必要がなくなります。また、在庫を持たないので売れなくても仕入れ値の出費は無いというメリットもあります。

自分のショップのスペースを考慮して、どういった形態でショップを運営していくのが最適かをしっかり検討しましょう。



必要なものを見極めて
ショップのサービス向上を
機材を上手に活用できれば、ショップの機能はもちろん、ユーザーへのサービスも向上します。自分のショップにとって、本当に必要なものは何かを見極め、資金やスペースのことも考えた上で、賢く導入していきましょう。

デジタルアカデミー

デジタルアカデミーは、独立起業・就職・転職・SOHOを目指す方のための

インターネット上の学校です。

ユニークな講座をE-Learningで学び、その道をプロを目指しましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。